めまい・立ちくらみ・ふらつき(反応点治療研究会症例集)

メニエル病、回転性,非回転性めまい、ふらつき、自律神経症状(吐き気や冷や汗、動悸): このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会がめまいをテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクもご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めまい

症例 70代女性

初回
全体的に頭が重くめまいがする。朝起きてすぐにめまいがあり、日常的な作業もあまりできない。家から出るのもおっくうであると、つらそうに訴えた。
反応点は、胃、小腸、大腸、耳、目、側頭部などに強くみられた。
初回の治療で頭は軽くなり、めまいも軽減された。

4回目
前日までは調子良かったが、この日は朝からめまいがひどいようだ。電話があって、すぐに来院された。耳の反応点も強く自宅でもセルフケアをするように指導した。
数年前から花粉症に患っていて花粉症の季節が近づいてきたため鼻の治療も始めた。

10回目
まだ時々軽いめまいを感じる事もあるが、週二回の鍼治療と自宅でのセルフケアでひどいめまいを感じることはほぼ無くなった。

最終
今後は週一回の治療と自宅でのセルフケアで様子を見る事とした。
この年は花粉症に煩わされる事もなかった。

感想
耳の反応点が治療中はある程度めまいの状況は良好になる。しかし時間が経つと戻ってしまうため、
自宅でのセルフケアが重要であった。
また、耳の不調に加え、目の疲れや内蔵の不調が出てくると、めまいに加えて頭重などが出てくるように感じられた。

反応点治療研究会
たつの市 あっぷるはりきゅう院 黒田耕生
スポンサーサイト

| あっぷる鍼灸治療院  黒田耕生 | 14:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |